奈良の宿大正楼 大神神社御用達

奈良の宿大正楼

料理旅館大正楼(奈良県桜井市三輪)

宇治周辺観光

平等院 宇治上神社 三室戸寺

東福寺周辺観光

東福寺 伏見稲荷大社 泉涌寺の楊貴妃 即成院 雲龍院 三嶋神社 新熊野神社

京都駅周辺観光

西本願寺 東本願寺 東寺五重塔

京都水族館

京都水族館 チケット購入 再入場システム ケープペンギン 京漬物ドック

三十三間堂周辺観光

三十三間堂 養源院 智積院

清水寺周辺観光

清水寺 地主神社 三年坂 六道珍皇寺 六波羅蜜寺 安井金比羅宮 高台寺 京都霊山護国神社 霊山歴史館 建仁寺

知恩院周辺観光

知恩院の河童 青蓮院門跡の青不動明王 平安神宮 なすあり地蔵

南禅寺周辺観光

南禅寺水路閣 永観堂の三鈷の松 無鄰菴 哲学の道 橋本関雪記念館

河原町・烏丸周辺観光

織田信長の家紋(本能寺) 晴明神社の厄除桃 一条戻橋 佛光寺 大行寺 囲碁発祥の地 京都国際マンガミュージアム

京都御所周辺観光

京都御所 梨木神社 廬山寺 行願寺 下御霊神社 菅原院天満宮神社 護王神社 二条城 下鴨神社 上賀茂神社

龍安寺周辺観光

龍安寺の石庭 仁和寺 九所明神の織部型石灯籠 妙心寺 御輿岡神社

太秦周辺観光

広隆寺の釿始め 広隆寺の腹帯地蔵 蚕の社の三柱鳥居 東映太秦映画村

嵐山周辺観光

渡月橋 野宮神社 落柿舎 天龍寺

アーカイブ

もっと京都を知ろう!

坂本龍馬

【楽天トラベル】京都の旅館ホテル予約

建仁寺の絵馬

寂聴さんのおもしろ法話。聴いて、笑って、元気になる! 「瀬戸内寂聴・京都法話集 CD全12巻」

安倍晴明の井戸 晴明神社

京都観光案内

大神神社御用達の大正楼

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34

« JR嵯峨野線円町駅から龍安寺へアクセス | HOME | 妙心寺三門は重要文化財 »

二引きに桜が寺紋の仁和寺

真言宗御室派の総本山である仁和寺の寺紋は「二引きに桜」とされます。

桜が紋に使われているのは、御室桜が境内に咲き誇る仁和寺であればすぐに納得ができます。しかしながら、なぜ引両紋(ひきりょうもん)が使用されているのでしょうか。その理由は一体どこにあるのでしょう。

二引きに桜

国宝の金堂の香炉台に見られる二引きに桜の紋。

第59代宇多天皇が開山の仁和寺。

きぬかけの路沿いに佇むお寺で、金閣寺や龍安寺とセットで参拝される方も多いのではないでしょうか。

線を引いただけの、簡素で武骨な引両は武士に人気のあった紋として知られます。足利将軍家の紋としても有名です。引両の意味は、合戦のときに陣地を囲む陣幕からきていると言われます。

引両の漢字表記には数種類あって、「引龍」「引霊」「引領」などとも記します。

この内、引両の両は龍を表すというのが一般的な解釈として通っています。禅寺のお堂の天井に描かれる龍、水を司る龍神信仰など、昔から龍に対する人々の憧憬にはひとかたならぬものがあります。

仁和寺金堂

国宝に指定される仁和寺金堂。

画竜点睛といえば、物事を完成させるための最後の仕上げを意味しますよね。

画竜点睛の「睛」はひとみを意味します。目を描いて魂を込める、大切な最後の仕上げの作業です。

引龍の意味を解説する、画竜点睛にも似た逸話が残されています。

1333年に北条氏と戦っていた赤松円心。もはやこれまでと自刃を決意し、石清水八幡宮に向かって手を合わせます。その時、天のお告げが耳に響きます。

北条氏の家紋は鱗、一方の赤松氏は左巴。両方とも水を表していて勝負がつかないから、赤松方の左巴紋に龍を加えると勝利できるというものでした。お告げに従った赤松氏は奇跡的な勝利を収めたと伝えられます。

自分の家紋に龍を加えた。

そのことによって生命が漲り、パワーが倍増したのでしょうか?自刃をも覚悟した赤松円心が見事な勝利を収めたというエピソードです。それ以降、赤松家では「二引両に左巴」を紋と定めているようです。

仁和寺五重塔

仁和寺五重塔。

領地のボーダーラインを表す「引領」にも、戦のきな臭い雰囲気が漂います。

もう一つの解釈としての「引霊」には、太陽と月という意味合いが込められています。一つ引きの一本の場合は太陽の日精、二引きの二本の場合は月の月精を表します。引両には太陽と月、陽と陰の二極を表現する「引霊」という考え方もあるようです。

ご本尊の仏像の両脇侍として立つ日光・月光菩薩像には、昼も夜も、昼夜を問わずに仏の教えを守り抜く姿が表現されています。

仁和寺の寺紋は「二引きに桜」ですから、引霊の解釈では「月の月精」を表していることになります。

代々法親王が入寺する最初の門跡寺院でもある仁和寺。

開山の宇多天皇は譲位後に、ここで出家して居住しておられたところから「御室御所」とも呼ばれます。表舞台から退いた天皇の棲家であった場所です。何となく月のイメージが重なってくるような気が致します。

御室桜

仁和寺の御室桜。

拝観させて頂いたのは1月初旬とあって、華やかな桜の姿をお見せすることはできませんが、この丈の低い桜の木が著名な御室桜です。

昼間の表舞台から退いた宇多天皇が、出家して暮らしていたと伝えられる夜間の裏舞台。二引きに桜の寺紋から、どうもそのようなイメージが形成されていくのを覚えます。あくまでも個人的見解ですので、定かなことは分かりませんが、色々と想像してみるのも歴史の醍醐味の一つではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

直前予約なら、トクー!トラベル

タイムズプラス 会員急増中!

祇をん新門荘の口コミ

【じゃらん】 京都のホテル・宿の予約

るるぶトラベル

一休.com

烏丸五条・京都駅周辺で食事

格安航空券予約サイト-skyticket.jp-

新幹線チケット予約

新幹線ネット予約「えきねっと」

新幹線指定席の予約

京都の旅館ホテル予約

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

About

2013年01月06日 10:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「JR嵯峨野線円町駅から龍安寺へアクセス」です。

次の投稿は「妙心寺三門は重要文化財」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

京都カタドマリンTwitter

京都カタドマリンのツイッター情報です。どうぞお気軽にお声かけ下さい。

奈良の宿大正楼

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。「京都片泊まり観光案内」は奈良の宿大正楼が運営しております。

国内、海外を問わず人気の高い京都観光の魅力をお届け致します。

〒633-0001 奈良県桜井市三輪459 料理旅館大正楼

Copyright © 2008-2017 京都片泊まり観光案内 All rights reserved.