奈良の宿大正楼 大神神社御用達

奈良の宿大正楼

料理旅館大正楼(奈良県桜井市三輪)

宇治周辺観光

平等院 宇治上神社 三室戸寺

東福寺周辺観光

東福寺 伏見稲荷大社 泉涌寺の楊貴妃 即成院 雲龍院 三嶋神社 新熊野神社

京都駅周辺観光

西本願寺 東本願寺 東寺五重塔

京都水族館

京都水族館 チケット購入 再入場システム ケープペンギン 京漬物ドック

三十三間堂周辺観光

三十三間堂 養源院 智積院

清水寺周辺観光

清水寺 地主神社 三年坂 六道珍皇寺 六波羅蜜寺 安井金比羅宮 高台寺 京都霊山護国神社 霊山歴史館 建仁寺

知恩院周辺観光

知恩院の河童 青蓮院門跡の青不動明王 平安神宮 なすあり地蔵

南禅寺周辺観光

南禅寺水路閣 永観堂の三鈷の松 無鄰菴 哲学の道 橋本関雪記念館

河原町・烏丸周辺観光

織田信長の家紋(本能寺) 晴明神社の厄除桃 一条戻橋 佛光寺 大行寺 囲碁発祥の地 京都国際マンガミュージアム

京都御所周辺観光

京都御所 梨木神社 廬山寺 行願寺 下御霊神社 菅原院天満宮神社 護王神社 二条城 下鴨神社 上賀茂神社

龍安寺周辺観光

龍安寺の石庭 仁和寺 九所明神の織部型石灯籠 妙心寺 御輿岡神社

太秦周辺観光

広隆寺の釿始め 広隆寺の腹帯地蔵 蚕の社の三柱鳥居 東映太秦映画村

嵐山周辺観光

渡月橋 野宮神社 落柿舎 天龍寺

アーカイブ

もっと京都を知ろう!

坂本龍馬

【楽天トラベル】京都の旅館ホテル予約

建仁寺の絵馬

寂聴さんのおもしろ法話。聴いて、笑って、元気になる! 「瀬戸内寂聴・京都法話集 CD全12巻」

安倍晴明の井戸 晴明神社

京都観光案内

大神神社御用達の大正楼

twitter facebook

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34

« 蓑亀を八坂神社境内に見る | HOME | 清水寺の馬駐 »

永観堂の盛砂に七不思議を見る

紅葉の名所として知られる永観堂の釈迦堂前庭に佇む盛砂。

天皇の使いが出入りしていた唐門(勅使門)の裏手に、勅使が身を清めるために踏んだと言われる盛砂があります。京都の盛砂でまず思い出すのが、山城国一之宮の上賀茂神社の盛砂です。上賀茂神社の三角形の盛砂とはまた趣を異にする市松模様の美しい盛砂が参拝客の目を惹きます。

永観堂の盛砂

永観堂の盛砂。

日本料理の世界でもよく見られる市松文様が見事に描かれています。瑞紫殿の中のビデオ上映でも盛砂が維持される様子を拝見することができます。雨や風で乱れてしまった盛砂を元通りに戻す作業を繰り返す僧たち。

盛砂と永観堂唐門

盛砂と永観堂唐門。

「砂上の楼閣」という言葉があるように、砂ははかないものの例えとしてよく使われます。盛砂の形を整えても、またすぐに崩れてしまうのは目に見えています。それが故にどこか修行の匂いを感じさせるのかもしれません。

釈迦堂と僧

釈迦堂前の廊下を僧侶が足早に立ち去って行きます。

勅使門盛砂は光る砂として、永観堂の七不思議の一つに数えられます。抜け雀、火除けの阿弥陀、悲田梅、三鈷の松等々と並んで永観堂の見所の一つとされます。光る砂とは一体どういうことなのでしょうか?

あかり取りの盛砂

盛砂の脇に案内板があり、そこに「あかり取り」の文字が見えます。

小判型に盛られた白砂は勅使の身を清めると同時に、夜の月灯りを反射する役目も担っていたようです。夜の暗闇を照らす盛砂の情景が頭に浮かびます。なんともロマンチックですね。

永観堂の盛砂

釈迦堂の縁側から唐門を望みます。

唐様式の門が実に美しく映えます。現在の唐門(勅使門)は江戸時代後期の再建で、今日では永観堂禅林寺の住職が遷化(逝去)された時のみに使われています。

七夕の短冊

私が永観堂を参詣したのは6月末で、七夕の短冊が盛砂の傍らに掛かっていました。

「復興」の願いが込められます。

永観堂方丈

唐門と相対する永観堂の釈迦堂(方丈)。

室町時代に建立された釈迦堂は本格的な書院造りとして知られます。

6間から成る釈迦堂は、それぞれに「松鳥図」や「群仙図」などの華やかな襖絵で飾られています。虎の間の「竹虎図」などは今にも飛び出してきそうな躍動感にあふれています。

永観堂

釈迦堂前のこの空間でゆっくりと流れる時間を楽しむ。

大玄関やおトイレにも近く、永観堂の中でも最も人の往来が感じられる場所ではないでしょうか。盛砂を前にして、じっくりと目を凝らして鑑賞する外国人観光客の姿が印象的でした。

永観堂の盛砂

月の光に応えるように周りを明るくする盛砂。

清めの砂が天に呼応して、人の前を照らします。永観堂の盛砂に感じられる天と地と人のつながり。

永観堂の盛砂の案内板

永観堂の盛砂の案内板。

永観堂の歴史は平安時代にさかのぼります。

案内板に書かれた”あかり取り”の文字を見て、実際に月光に照らされる盛砂をこの目で見てみたいなと思った次第です。拝観時間のことを考慮すれば、やはり通常は難しいのかもしれませんね。秋の夜間ライトアップのシーズンが狙い目なのかもしれません。

永観堂の盛砂

永観堂を訪れたなら、釈迦堂と唐門の間に位置する盛砂に注目してみましょう。

もろさを内に秘めながらも、その整然とした姿に魅了されること請け合いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

直前予約なら、トクー!トラベル

タイムズプラス 会員急増中!

祇をん新門荘の口コミ

【じゃらん】 京都のホテル・宿の予約

るるぶトラベル

一休.com

烏丸五条・京都駅周辺で食事

格安航空券予約サイト-skyticket.jp-

新幹線チケット予約

新幹線ネット予約「えきねっと」

新幹線指定席の予約

京都の旅館ホテル予約

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

About

2013年07月11日 11:52に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「蓑亀を八坂神社境内に見る」です。

次の投稿は「清水寺の馬駐」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

京都カタドマリンTwitter

京都カタドマリンのツイッター情報です。どうぞお気軽にお声かけ下さい。

奈良の宿大正楼

当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。「京都片泊まり観光案内」は奈良の宿大正楼が運営しております。

国内、海外を問わず人気の高い京都観光の魅力をお届け致します。

〒633-0001 奈良県桜井市三輪459 料理旅館大正楼

Copyright © 2008-2017 京都片泊まり観光案内 All rights reserved.